会社設立代行を行政書士に依頼する理由

会社設立自体は別段何も資格がなくても行うことが可能なのですが、会社設立に関して発生する会社の商号や事業の目的など会社の基本的な事項に係るものを記載する定款を作成することがまず必要で、これは公証人によりチェックされることになるので不出来だとなかなか認証してもらえないという事態が生じます。

会社設立代行を税理士に依頼する意味

会社設立の事務としては、会社の商号や所在地、事業の目的などを定める定款を作成して、公証人役場でチェックしてもらい定款認証申請を公証人役場に提出し、認証してもらい、その後、法務局にいって認証された内容の定款で会社の設立登記を行うというものがスタートラインになります。