会社を設立する場合には事業主の多くはどのようにして会社を設立すれば良いのか分からないことから、会社設立の代行会社に依頼しています。

確かにこうした会社に依頼しておけば法定費用と代行手数料を支払えば患わしい手続き代行してくれますので便利です。ですが会社を設立した場合には今後会社を運営していくには莫大なお金が必要になりますので、少しでも会社の設立の際の手続き費用を抑えたいならば事業主が自らが行うようにした方が節約できます。

現在はインターネットで調べればある程度のことを調べることができますので、会社の設立手続きに関してもインターネットでもちろん調べることができます。

それでも分からなかった場合には、会社設立代行会社にその時に依頼するようにします。また会社設立の際の法定費用は、必ずかかる費用として理解しておく必要があります。ですがこの法定費用に関しても節約できる部分があります。それが定款作成です。この定款作成は通常の場合であれば収入印紙代が4万円かかりますが、これを電子定款にすると4万円が不要となります。

これは株式会社でも合同会社でも同じとなります。株式会社の方が合同会社よりも登録免許税が高いこともありますので、そこに通常の定款作成を選択するのであればさらに追加で4万円かかります。本来株式会社を設立する場合の法定費用は25万円ほどかかりますが、それを電子定款へと変えれば21万円と安くなります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *