会社設立の手続きを自分で行うことも可能でしょう。

必要なたくさんの書類の作成したり、申請手続きをしたりと手間がかかりますし、業者に代行してもらった方が良いかもしれません。代行してもらえば、その間に事業の営業先の新規開拓や事業計画の見直しなどを行うことができるでしょう。業者は通常なら1週間~2週間ほどで必要な手続きをしてくれます。

書類や印鑑を事前に用意しておけば短期間で会社を設立することができます。場合によっては1日で設立できてしまうかもしれません。自分で会社設立するとなれば、様々な情報を集める必要がありますし、書類の不足や記入漏れ、ミスがあれば手続をやり直さなければいけません。

業者に任せればそういったことはないでしょう。また、受けられる特典などの情報を業者から得ることもできます。税理士事務所や司法書士事務所の中に代行事業を行っている所もあります。その事務所のホームページなどを参考に、あなたに合う所を選んでください。

何か不安や疑問がある場合、問い合わせフォームまた電話で聞けば担当者が応じてくれます。会社設立にあたって通常は印紙代がかかります。従来の紙の定款を役場で認証してもらう際、印紙が必要になるからです。電子媒体の定款であれば不要です。

ただし、作成ソフトが必要です。業者に代行作業を依頼すればその料金はかかりますが、電子の定款の作成に必要なソフト代はかかりません。ソフトは業者が用意してくれます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *