会社設立の手続きが煩雑で必要な書類等も複雑です。

会社設立には会社を登記する必要があります。その登記するまでには定款認証や資本金の払い込み、法務局の登記所での会社登記をしなければなりません。法律に基づいた設立登記が必要です。

株式会社の場合は会社の法律・規則とも言える定款を定めて、公証人役場で定款認証を受ける必要があります。定款も法律に準拠していないと認められず、定款の認証を得られなければ会社の設立登記はできません。

会社の設立は一人でも可能ですが、複数人で設立する場合複数人の意見を集めて定款を定める必要があります。会社の元となるものなので定款の内容を精査して定めておくことで後々の紛争に対する効力を持たすことができます。そのような会社設立に関する様々な手続きや書類の作成を代行してくれるのが行政書士の資格を持った業者になります。

会社の定款を定めるときのアドバイザーや、設立登記に必要な書類の準備や調達、提出書類の作成代行や役所や関係部署への申請手続きの代行などを行ってくれます。会社設立の代行を行っている業者の中には税理士等の有資格者も在籍していることが多くあります。

会社設立後の顧問税理士として依頼することもできます。複雑な税金の手続きや節税対策などにも貢献してくれます。会社の設立当初は素人では何をやったら良いのか分からないことばかりです。そんなとき会社の設立・運営のプロともいえる代行業者に依頼することで安心して会社の業務に向かえることでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *