会社設立の代行業者を選ぶとき、安易に比較サイトの解説などを見て選ばないことが大切です。

例えば、「電子定款を無料で作成できます」「1、500円の格安料金で作成します」といった広告をよく見かけますが、よく考えてみるとこれは怪しいことに気づきます。業者もボランティアでやっているわけではないので、1、500円の格安料金ならともかく無料ということはありえないからです。となると、なにか裏があるということでしょう。可能性としては、無料のサービスをうたっておきながら実は有料のサービスに誘導することが目的というのが考えられます。

電子定款の作成を依頼する場合、安い業者でも5、000円はかかってくると考えておきましょう。それでも自分でPDF作成ソフトやICカードリーダライタなどを用意するコストを考えると安いものです。

電子定款の作成では電子署名の機能が必要になるので、PDF作成ソフトは「adobeacrobat」くらいしか選択肢がありませんが、月額料金プランを利用すれば2、500円程度まで抑えることができます。トータルでは5、000円くらいで、格安業者に依頼をした場合とあまり変わりませんね。

自分で電子定款を作成しても最低5、000円程度かかるなら、会社設立代行業者に依頼をしたほうがメリットがあるでしょう。コストは同じでも手間と時間の節約になります。会社設立代行業者を選ぶときには料金だけで選ばず、優良な業者を選びましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *