会社設立を代行してもらう時、当然ですが料金がかかります。

その料金相場ですが、5万円~15万円程度とかなり幅があります。その理由は、どこまでを代行してもらうかのサービス内容に差があるからです。会社設立の手続きのすべてをやってもらえるのは司法書士となります。そのため、司法書士が最も高額になりやすく、10万~15万円程度。

行政書士や税理士でも書類作成はやってくれますが、登記は自分でやらなければなりません。そのかわり、行政書士や税理士のほうが料金が安くなっています。サイトによっては行政書士や税理士が登記までやってくれると解説をしたページもありますので注意しましょう。

素人が書いているブログなどにはときどき間違った情報がのっていることもあります。正確な情報収集を行うためには、1つのサイトだけを参考にせず、2つ以上のサイトを参考にすることがおすすめです。2つ以上のサイトで同じことが書かれていたら、その情報が正しい可能性が高いです。会社設立を代行してもらう時の料金相場はこのようになっていますが、あくまで相場です。自分でやることを増やすことでぎりぎりまでコストを節約することも可能です。

例えば、電子定款の作成だけを代行してもらい、そのほかはすべて自分でやるのなら1万円以内に抑えることも可能です。つまりは、すべてを丸投げするときにかかるコストが10万~15万円程度、自分でやることを増やすことでゼロに近づけることができるという考えでよいでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *