会社設立を考えている場合は、士業の事務所に頼むという方法があります。

ただし士業はそれぞれの専門が異なるため、どこか1つの事務所に依頼すれば、それでOKというわけには行きません。最低でも税理士、司法書士、行政書士に依頼して、税務や登記、書類作成を依頼することになります。それが面倒臭く感じられる人もいるでしょう。会社設立の複雑な手続きを一本化したい、そのような時には代行業者に頼むこともできます。

最近は起業をする人が多いせいか、代行業者も色々あります。こういう業者を利用した場合は、自分ですべてやるよりは費用も抑えられますし、また、手続きそのものも簡単です。また時間もかからないことが多く、スピーディに会社設立を行うことが可能です。しかし代行業者にも、得手不得手はあります。たとえばある業者に依頼した場合、特定の手続きができないなどで、そこだけ士業の事務所を通す必要が生じます。それだけ手間も費用も余分にかかってしまうことがありますので、その点に注意したうえで代行業者を選ぶようにしましょう。

一方で法律事務所などで、必要書類さえ準備されていれば、かなりスムーズに手続きが完了することもあります。無論これは書類がきちんと準備されているのが前提なので、十分に揃っているかどうかを確認しておきましょう。いい代行業者がなかなか見つからないという場合でも、士業の事務所に頼むことで、案外早く会社設立ができることもあります。ですから準備段階でどこに依頼し、どう準備するかの計画をきちんと練っておきましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *