会社設立は会社を設立したいと考える人たちが責任をもって何から何までやればよい、それは果たして真実なことなのでしょうか。

会社を設立して事業を開始したいと考えている方々は、その道のプロであって勝算があるからこそ会社を設立してまでも事業を開始したいと考えているに違いありませせん。起業しようと考える方々は、会社設立のプロではないわけでして、会社設立の事務部分はその道のプロに代行してもらったほうがよいように思います。

会社設立の事務代行は多くの場合、司法書士さんがその任務を代行してくれますが、司法書士さんでも会社設立分野はあまり経験がなく、不得手にしているという場合もあるかも知れません。代行事務を委託するにふさわしい司法書士さんであるのかを事前面談することで委託にふさわしい方であるのかチェックすることが大切であるといえます。冒頭で述べたように、設立事務も含めて一切合切を全部自分でやってしまうことは大きなリスクを内包してしまうことになるといえます。

たとえば定款認証という事務がありますが、コストをかけたくないという気持ちで司法書士さんに頼まずに自力でやってみたところミスが重なってしまい、定款を修正するために結局は司法書士さんに事務を委託することになり、時間とコストが掛かりましになってしまうということも有り得るのです。

最初から事務手続きは有料であり代行してもらいことを腹にくくり時間をかけないで委託してしまうというイメージで進めていけば良いと考えます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *