会社設立の手続きを自分でやろうと思うと様々な知識が必要となり、同時に多くの書類を作り各提出先へも自分で足を運ばなければならないし、書類に不備があることにより二度手間となることもありえます。

そうした手間などをアウトソーシングするための手段としてあるのが、会社設立代行業者を利用することです。利用する最大のメリットは設立の為の手間を削減できることです。届け出る書類の中にはもちろん発起人が自ら作製しなければならないものもありますが、それらに関しても書類を作る方法を教えてくれたり役場への提出などの諸手続きを代行してもらえたりできる所もありますので時間の削減にもなります。

費用の点でも、会社定款はこれまで紙で作成している形でそこに貼る収入印紙代金が4万円かかっていましたが、代行会社を利用して電子定款での作製をしてもらうと、課税対象となる紙の原本が存在しないので収入印紙を貼る必要がなくなり印紙代の4万円が節約できることになります。

自分で電子定款を作成しようと思うと定款を作成するためのソフトなどを購入しなくてはならないし、電子証明書を役所の窓口で取得しなければならないので、この部分の為に時間とお金をかけるのはたった1回の会社設立のためには非合理的だといえます。もちろん依頼した会社へ支払う手数料などの費用は発生しますが、殆どの会社では会社設立手数料のほうが、依頼する内容で違いますがこの収入印紙代より安い所が多いようです。

税理士系の代行を依頼すると設立後の顧問契約を求められる場合も考えられますが、その点会社設立の代行だけを主としている業者に依頼すればこのような心配もする必要がなく、便利なシステムだと思います。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *