会社設立については代行により対応をすることも可能ですが、原則として資格を有する士業に依頼をします。

定款の作成や公証役場での認証であれば行政書士に、その後の法務局への登記については司法書士といった具合です。彼らは通常の場合、独立しているので個別に依頼を行うことになります。その分だけ費用もかさみますが必要経費と割り切れるかどうかです。

また会社設立後には速やかに届け出を為なければいけないことが複数ありますので代行を依頼することで処置を行えます。たとえば健康保険における社会保険への加入と厚生年金への加入申請については社会保険労務士に、国税及び地方税の申告については税理士にといった具合です。

これらはそれぞれが専門で出来るものであり、士業を持たない人などは代わりにすることが出来ないです。ここで税理士などと知り合いになっておくことで受けられるメリットも生じます。会社設立時に代行を依頼したことにより、会社の内情を知っているので税理士などに会計処理の代理申請をそのまま依頼するといった手段が執れます。

社会保険労務士に関してもその後の厚生年金などの手続で依頼を行うとき、しやすくはなります。このように会社設立までとその後の運営において、士業の専門家に代行を依頼をするメリットは多いです。役所との折衝などを引き受けてくれますので、対応がその分だけ楽になります。時間もその他のことに費やせるようになり、総じて有効な対応がしやすくなるわけです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *