会社を設立するためには、新会社法に基づく設立登記が必要となります。

登記に至るまでには、定款認証、資本金の支払い等の手続きを経なければなりません。株式会社の場合、法律に準拠した定款を定めたら、公証人役場で定款認証を得る必要があります。定款は会社の根幹的なルールであり、後で紛争などが起こった場合に効力を発揮します。

ですから、設立登記の段階できちんとした定款を定めておくことが重要になってきますが、初めて会社を設立する人にとっては決して簡単な作業ではありません。後から定款の内容を変更することも可能ですが、その場合にはお金がかかるため、定款の作成には注意が必要です。

これから会社を立ち上げようとしている人は、経営に関するさまざまな準備に追われているものであり、登記のための書類作成や公証人役場での認証手続き等々を自分で行う時間が取れないのが実情です。このような悩みにこたえてくれるのが会社設立代行会社です。設立登記を行う人間に代わって、行政書士がさまざまな手続きを代行してくれます。

さらに定款作成時には助言をしてもらうことも可能であり、設立登記に必要な書類の作成から申請手続きまで、安心して任せることができます。こうした会社設立代行会社の行政書士のサポートにより、設立登記までの期間を短縮できる可能性もあります。

また、費用の面でも印紙代4万円を節約することができます。会社設立代行会社の行政書士は専用のソフトウェアやハードウェアを用いる電子定款を利用するため、紙の定款の場合に必要な印紙を貼らなくても済むからです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *