会社設立では代行により申請を行えます。

このとき会社として行うべき事業を明確にすることは必須です。定款と登記簿謄本にはその事業が明記され、公文書として残りますので注意が必要です。特に行政が許認可を行う事業の場合には、文字文言もチェックされてしまいますので、不備があればそこで訂正などを求められます。

再度提出をし直すのは時間とお金のムダですので、事前に確認を怠らないことが大切です。事業を決めること以外でも会社設立では開業者が行わなければならないことは多いですので、代行により対応が出来る部分は任せることも考慮します。士業への依頼の他にも経営陣となる人に出来ることを役割分担することで、それぞれが責任を持って対応をすることになります。

可能な限り迅速に話を前に進めたいときには、この役割分担が欠かせません。士業への依頼も含めて、会社設立で代行を依頼するときには段取りをよく考えて行きます。定款の文字文言などは一般の人にはなかなか分かりづらいものです。

開業者といえどもなかなかこの点にまで思いが至らないケースは多くあります。したがって行政書士で会社設立に詳しい人に依頼を行い、さらに代行者として任せてしまうことによる時間の短縮化は、考えておくべきこととなります。

士業も含めて役割分担を行うことにより、出来る限り同時進行で話を前に進めていくことが、開業後における段取りの良さと経営を安定化させるために必要なことです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *