今まで個人事偉業主だった人が会社設立により事業規模を拡大させようとするときには、その手続の煩雑さが問題になり得ますが、代行を依頼することである程度は緩和出来ます。

そのためまずはどこに何を依頼するのかを明確にすることが大事です。行政書士には定款の作成を依頼し、その後の公証役場における認証関係までをやってもらうことなどです。次の法務局での登記申請では司法書士に依頼をして対応します。

このように専門家はいるので、彼らに会社設立にかかる代行をある程度は任せられますから、負担軽減を期待出来るわけです。ただし、彼らはあくまで代わりに申請を行っている者に過ぎません。最終的に申請者は開業者本人になりますから、書類についてもすべて最終的な責任は開業者になってきます。

そのことを踏まえて会社設立の代行を依頼することが肝心です。その後、無事に法人が出来たとしてもすぐにやるべきことがいくつかあります。個人事業主として活動をしてきた人にとっては確定申告をしている場合が多いですが、その確定申告を行う前に国税や地方税で税務署及び都道府県税事務所、市町村役場に申告を行います。

消費税や地方税の届け出を行い開業したことを伝えるわけです。その他にも社会保険及び厚生年金の手続が必要な場合には、その申告を行います。また雇用保険の届け出も必要です。このように会社設立では代行を依頼して申請を行う場合もあれば、開業者本人が対応をしてもいい場合があります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *