会社設立の代行を請け負う士業の事務所の中には、特定の業務に対応が出来るところがあります。

特定の業務を行う会社の設立には行政機関との調整が欠かせないものがあり、そうした対応と知識をある程度有する場合があるわけです。特に福祉に関係する分野と建設業に関わる分野などでは、事前に会社設立前に行政機関への相談が必要な場合がありますが、会社設立の代行依頼先はそこまで知らないことがあります。

このとき福祉や建設業などで今までに請け負ってきた経験があるところは、どのタイミングで役所に相談を行うのか知っているわけです。また、定款の文字文言や法人登記の際に明記すべき内容まで知っていることもあります。

もし依頼者が会社設立時においてすでに行いたい業務が明確かつ福祉や建設業などの場合には、行政書士などに依頼をする際にその代行先が経験を豊富に有するところの場合、話がしやすいです。役所との調整を行いながら前に進めるとなると、その都度連絡などが必要になるなど大変であるため、経験を有するところであれば話が早くその分だけ楽になります。

依頼先の有する経験で、こうした事業の関係する法人を設立する際に関わったことがあるかどうかで依頼先を決めるのも有効です。経験は時に知識を凌駕します。今までの実績でカバー出来ることも多くなり、その点で依頼先を決める意味はあります。その依頼先となる法人のホームページなどで実績を明記している場合もあるので、参考に出来ることがあります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *