定款は会社をはじめて立ち上げる際には絶対に必要となるものです。

定款に書き記さなければならない事項はさまざまですが、これらは法令に規定されているため、勝手に内容を決めることはできません。たとえば会社の事業目的や商号、発起人の住所氏名、本店の所在地などが挙げられます。このような定款は一般的には紙の文書として作成されますが、電子定款として電子的な文書というかたちで作成することもできます。

電子定款も紙の定款と内容自体には違いはありませんが、紙とは違う作成上のルールもありますので、いくつか事前に準備をしておかなければならないこともあります。電子定款はPDFファイルと呼ばれる電子文書の形式であることが必要ですので、PDFライターと呼ばれる専用のソフトウェアがパソコンにインストールされていることがたいせつです。また紙の文書の印鑑の代わりとして電子署名をこの文書に付与しておかなければなりません。

そこで市町村役場で電子証明書が入ったマイナンバーカードの交付を受けておくことと、さらにはカードの情報の読み出しと書き込みができるICカードリーダー・ライターと呼ばれる装置も購入しておく必要があります。これらの購入にも費用がかかりますので、場合によっては行政書士などの専門の事務所に依頼をして、電子定款の作成を代行してもらい、購入経費を浮かせるといったテクニックで乗り切ることなども考えておくのがよいといえます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *