会社を設立する際には、その会社の商号や事業の目的、本店の所在地、資本金などのさまざまな事項を定款にまとめなければなりません。

これには法律によって規定される絶対的記載事項と相対的記載事項とがあり、内容がそうした規定に適合しているかどうかも慎重に考慮する必要があります。これに加えて手続き的には公証人役場における認証や法務局での登記などもありますので、手間とコストの両面からも、なかなか骨の折れる作業です。定款を作成した場合には収入印紙を貼らなければならず、それだけでも実はかなりのコストといえます。

特に個人で事業をしていた人が法人化を目指す場合、会社設立にともなう初期費用は削減して当面の運営資金に充てたいところですが、法令上の決まりであればそうもいきません。そこで考えたいのは電子定款の活用です。定款といえば紙の文書が普通ですが、実は電子定款としてPDFファイルの形式で作成することも可能です。電子定款はもちろん紙ではないことから印紙代がかからず、その分の費用を他の用途に回せます。

注意したいのは電子定款を作成するにもPDF作成用のソフトや電子署名を入れるためのカードライターなどの機器が必要なことです。新規購入となればせっかくの印紙代の節約分が吹き飛んでしまいますので、あまり意味のない話です。もしも行政書士事務所やその他会社設立代行のサービスをしているところがあれば、安価に依頼できるかどうかを確認してみるのもひとつの方法です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *