会社を新しく立ち上げるにもさまざまな手続きがあります。

そのなかでも特に重要なのが会社の定款を作成することです。定款は会社を運営する上での根本的な原理原則を定める文書であって、事務所の所在地や事業の目的、組織体制や資本金などのさまざまなことがらが網羅されています。もっともこれを作成しただけでは足りず、収入印紙を貼付することも必要ですし、株式会社であれば公証人役場で認証を受けるプロセスなども差し挟むことになります。

たとえば個人事業主の人がこれから法人化しようとする場合などには、できるだけ会社設立の費用は節約したいものですが、収入印紙代はそのなかでもかなり大きな金銭的負担です。そこで会社設立の際には電子定款を活用して、費用を節約する方法があります。電子定款はもちろん紙の文書ではありませんので、収入印紙を貼付する必要がなく、その分だけ費用を削減することが可能です。

電子定款を作成する場合、内容的には紙の定款とほとんど変わりはないものの、本物の文書であることを確認するために電子署名を追加しなければならないなど、いくつか専用の機材やソフトウェアなどを用意しておかなければなりません。このような機材などの準備がない場合、行政書士などの専門家に依頼をすることもできます。依頼をするにも費用がかかるのは当然ですが、機材を揃えるよりも費用的には安上がりになることがほとんどですので、目的は果たすことができます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *