会社を設立する際には、定款というものを作成しなければいけません。

従来、定款は紙で作成していましたが、現在では電子データで作ることもできるようになりました。いわゆる電子定款と言われているもので、実際にはCDロムやUSBメモリなどの形で保管することになります。電子定款にするメリットは、印紙税がかからないということが一番大きいです。紙で作成した場合は、印紙税法に基づいて課税され、4万円の収入印紙を貼らなければいけません。しかし電子定款なら、この印紙税を納める必要がありません。

紙だろうが電子だろうが同じようなものなのに、こんなに差があるのは理不尽なような気がしますが、現状ではそのような規則になっていますから従うしかないでしょう。印紙税がかからないなら圧倒的に電子定款を作成した方がメリットが大きいと考えてしまいますが、しかし事はそう単純ではありません。電子で作成する場合には、専用の機器やソフトが必要になってきます。具体的にはICカードリーダライタやPDFファイルの作成ソフトなどです。

特に一番コストがかかるのがPDF作成ソフトでしょう。PDF作成ソフトには無料のものもありますが、電子定款を作るためには電子署名を入れなければならないために、現状では有料ソフトを使わざるをえません。結局、そのようなソフト・機器を揃えると数万円ほどかかってしまい、場合によっては印紙税を払うより高くつきます。オススメなのは、司法書士などの専門家に作成を依頼してしまうことです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *