電子定款は特徴を理解して利用していれば得になります。

注意が必要なのがツールを揃えるための費用であり、署名挿入機能付きのPDF変換ソフトに3万円以上、マイナンバーカードから電子証明書を読み取るために使うICカードリーダライタに2000~6000円の出費になります。合計すると電子定款で節約できる印紙代の4万円とほとんど変わらなくなるので、利用する意味がありません。もちろん、これらのツールを後から使用するのであれば先行投資になるだけなので、このタイミングで揃えても損しないです。

電子定款のためだけに購入するのは得にならないのでやめた方が良いでしょう。費用だけでなく電子定款を作成するための手間も問題です。パソコンで使用するツールになりますが、利用者によって様々な環境になるので相性が悪いなどで変換を行えないことがあります。過去にはWindowsのアップデートが影響して動作しなくなるなどの現象も発生しています。失敗してから専門家に依頼するのであれば、最初から依頼した方が出費が少ないです。

また、会社を設立するには定款の認証以外にも手続きが必要であり、業務開始後は税金の処理などを依頼することも多いです。今後の対応もまとめて契約すれば無料で電子定款の認証をしてくれるところもあるので検討すると良いでしょう。単独で依頼する場合でも費用は安いところが多く、4万円もかからないので印紙代の節約を有効に活用できます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *