電子定款を作成することのメリットは、紙の定款でかかる印紙代の4万円を節約できることになります。

電子定款の作成には時間と手間がかかりますが、新しく会社を設立しようとしている人はできるだけコストを節約したいところなので、4万円を節約できることは大きいです。電子定款は自分で作成するとかえってコストがかかると言われてきましたが、実はそれは古い情報となります。今は電子署名ができるPDF編集ソフトの「AdobeAcrobat」が月額プランで使えます。

本体ソフトをまるごと購入するためには3万円~4万円程度かかりますが、月額プランなら1、500円~2、500円程度です。icカードリーダライタについても安いものなら2、000円程度で売っていますので、現在は自分で作成してもそれほどコストはかからないです。ソフトや器具を安く手に入れられるように工夫をすればトータルで5、000円くらいにおさえることができるのではないでしょうか。税理士などの専門家に依頼をすると1万円以上はかかります。

それに比べたら自分で作成したほうが安くすませられるようになっています。しかし、代行業者に依頼をしたら2、000円~5、000円程度で代行してくれますので、そのことを考えるとやはり自分で作成することにはあまりメリットがないということになるかもしれません。すでに「AdobeAcrobat」やicカードリーダライタを持っている人なら、自分で作成することが最も安い方法になります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *