電子定款を使った会社設立は、手数料を4万円節約することができます。

紙の場合は印紙代の4万円が認証の際に必要になりますが、電子定款の認証の場合はこの印紙代がかからないのがそのからくりです。自分で設立をするよりも安くなると宣伝している業者がありますが、それはこれを活用しているのが理由です。自分でやった方が安くなりそうな気がしますが、電子定款を作成するためには必要なものがあります。

ソフトと電子署名を入れる時に使うICカードリーダライタです。それらを飼うと4万円近くかそれを超えてしまうので、それらを持っていなければ安くはなりません。その点、業者の場合は必要なものを持っていますし、手数料を安く設定している業者なら浮いた分を超えないため、結局自分で設立をするより安くなります。代行業者を選ぶなら、実績を基にして選んでおきたいところです。

会社の設立という重要な事項を任せるので、間違いが合ってはいけませんし、確実にこなしてもらう必要があります。特に、定款の作成は重要ですから、専門家がきちんとやっている業者を選びましょう。多くは士業が運営していたり提携していたりしますが、そういったところは安心して任せることができるでしょう。電子定款の作成をあえて自分で行うのも悪くはないでしょう。必要な機材の購入は別のことにも使うと考えれば無駄ではありませんし、会社設立手続きを通して会社法にも詳しくなっていくというメリットがあります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *