電子定款は、電子式で作成された定款です。

株式会社や持分会社では、この定款を作ることが必須です。このうち、持分会社は必要ありませんが、株式会社では最初に公証役場で認証を受けなければなりません。会社の運営ルールが決められるものであるため、とても重要だからというのが理由でしょう。このとき、電子定款にすると紙の場合に必要な印紙代がかかりませんので、その分会社設立のコストが下げられます。株式会社の場合だと印紙代が4万円ですので、この分節約が可能です。

ただし、自分で電子定款を作成する場合、デジタル署名を入れるのに必要なPDFソフトとICカードリーダライタを購入すると、ほぼ4万円になってしまいますので、実質的にプラスにはなりません。そんな時に、会社設立代行業者を使うことにメリットがあります。代行業者の場合、手数料を格安でやってくれるところも多く、中には1万円前後でやっています。

安さの理由は、大量に仕事をこなしてコストを抑えている場合や、後々の顧問契約を目的としている場合などがあります。単純に大量に仕事をこなして安くしているケースでは、あとから何かそちらのサービスを利用しなければならないということはありませんので、安さのメリットを生かすことが可能です。定款は会社の重要なルールを定めるものであるため、もし会社設立代行業者を利用するのであれば、信頼できるところを利用するように心がけるようにしてください。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *